産経WEST

京都の盗っ人兄弟逮捕!? アパートで女性下着と現金盗んだ容疑 弟は否認「見張りだけ」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


京都の盗っ人兄弟逮捕!? アパートで女性下着と現金盗んだ容疑 弟は否認「見張りだけ」

 兄弟でアパートに侵入し女性下着などを盗んだとして、京都府警伏見署は8日、窃盗と住居侵入の疑いで、解体工、松永拓容疑者(33)=京都府宇治市=と、弟の解体工、松永賢悟容疑者(28)=京都市伏見区=を逮捕した。拓容疑者は容疑を認めているが、賢悟容疑者は「兄に頼まれて人が来ないか見ていました。兄が泥棒をしたかは分かりません」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は、4月30日午後5時40分ごろ、京都市伏見区のアパートの2階に侵入。現金2万5000円と女性下着15着(時価合計約2万9000円相当)などを盗んだとしている。

 同署によると、拓容疑者がフェンスなどをよじのぼり、アパートの2階のベランダの窓から侵入。賢悟容疑者が外で見張りをしていたという。

 帰宅した住人の女性会社員(35)が部屋が荒らされているのに気づいた。現場周辺の防犯カメラなどから発覚したという。

「産経WEST」のランキング