産経WEST

中断中のiPS網膜再生、世界初「他家移植」で再開へ 京大の「細胞ストック」利用、新体制で再始動

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


中断中のiPS網膜再生、世界初「他家移植」で再開へ 京大の「細胞ストック」利用、新体制で再始動

記者会見する京都大の山中伸弥教授=6月6日午後、神戸市内 記者会見する京都大の山中伸弥教授=6月6日午後、神戸市内

 理化学研究所や京都大など4施設は6日、神戸市内で記者会見し、人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作った網膜の細胞を、視野がゆがむ「滲出型(しんしゅつがた)加齢黄斑変性」の患者に移植する臨床研究を、他人の細胞から作製したiPS細胞を利用し、再開すると発表した。

 移植時に拒絶反応が少ないとされる特殊な型の他人の細胞から作製したiPS細胞を備蓄する京大の「iPS細胞ストック」を利用。こうしたiPS細胞の「他家移植」は世界初で、新たな体制で再始動する。

 iPS細胞から作った細胞を移植する平成26年9月の世界初の手術後、2例目は患者のiPS細胞の遺伝子変異により見送られ中断していた。

 臨床研究では、比較的低コストで迅速に高品質なiPS細胞を利用できる京大のストックを使う手法のほか、1例目で用いた患者自身の細胞から作ったiPS細胞を使う手法も実施する。それぞれでiPS細胞から作った網膜の色素上皮細胞をシート状にして移植する手法と、色素上皮細胞をまぜた液体を傷んだ網膜に注射する手法に取り組む。計20人への実施を目指し、がん化が起きないかなどを確かめる。

続きを読む

このニュースの写真

  • 中断中のiPS網膜再生、世界初「他家移植」で再開へ 京大の「細胞ストック」利用、新体制で再始動
  • 中断中のiPS網膜再生、世界初「他家移植」で再開へ 京大の「細胞ストック」利用、新体制で再始動
  • 中断中のiPS網膜再生、世界初「他家移植」で再開へ 京大の「細胞ストック」利用、新体制で再始動

「産経WEST」のランキング