産経WEST

愛知・常滑市議と元市議、360万円詐取容疑で再逮捕 測量費名目、土地所有者から

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


愛知・常滑市議と元市議、360万円詐取容疑で再逮捕 測量費名目、土地所有者から

 太陽光発電施設建設に伴う測量費名目で約360万円をだまし取ったとして、愛知県警捜査2課は6日、詐欺の疑いで、同県常滑市議の斎田大五朗容疑者(40)と、元同市議の岸田嘉成容疑者(63)を再逮捕した。岸田容疑者は4回目の逮捕。

 再逮捕容疑は平成26年7~9月、発電施設建設予定地を所有していた同県半田市の男性会社員(50)に「測量費を負担する必要がある」と嘘をつき、現金をだまし取ったとしている。

 同課によると、斎田容疑者は「詐欺をしたつもりはない」と容疑を否認。岸田容疑者は認否を保留している。

 名古屋地検は6日、同じように測量費名目で常滑市の女性から現金を詐取したとして、詐欺罪で2人を起訴した。岸田容疑者は測量業者から現金を受け取ったとして収賄罪でも起訴され、既に議員辞職している。

「産経WEST」のランキング