産経WEST

「梅酒BAR」お好きでしょ!?…約2300人42種類を飲み比べ 和歌山・海南の酒造

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「梅酒BAR」お好きでしょ!?…約2300人42種類を飲み比べ 和歌山・海南の酒造

梅酒の飲み比べを楽しむ人たちでにぎわった梅酒BAR=海南市 梅酒の飲み比べを楽しむ人たちでにぎわった梅酒BAR=海南市

 梅の本格的な収穫時期を迎え、梅酒の飲み比べや梅酒づくり教室などを楽しむ「梅酒BAR」が5日、和歌山県海南市の酒造メーカー「中野BC」の酒蔵で開かれ、約2300人の来場者らでにぎわった。

 飲み比べでは、本格的な梅酒のほか、ミカンやイチゴなどの果汁を加えたカクテル梅酒など42種類を用意。9年かけて熟成させたヴィンテージ梅酒も限定販売された。

 会場では、県産のシラスやそら豆を使ったおつまみや、フグの唐揚げ、魚のすり身を揚げた「かまてん」をサンドしたバーガーなどの露店も並び、来場者らは地元グルメも楽しんだ。

 また、前日朝に摘んだばかりの約4・5センチの大粒の南高梅を使った梅酒づくり教室も開催。同社のスタッフが「週に1度、上下に混ぜることで、梅エキスをバランスよく出すことができる」などとアドバイスしていた。

 友人らと訪れた和歌山市の吉田理秀さん(23)は「ミカンの味もする梅酒が甘くておいしかった。いろんな種類を飲み比べしてみたい」と笑顔で話していた。

このニュースの写真

  • 「梅酒BAR」お好きでしょ!?…約2300人42種類を飲み比べ 和歌山・海南の酒造

「産経WEST」のランキング