産経WEST

【神戸山口組幹部射殺】逮捕の組員、出頭時は凶器所持せず

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【神戸山口組幹部射殺】
逮捕の組員、出頭時は凶器所持せず

 岡山市南区のマンション駐車場で指定暴力団神戸山口組系池田組の高木忠若頭(55)が射殺された事件で、殺人と銃刀法違反の疑いで5日に逮捕された暴力団組員の男が、出頭時に凶器を所持していなかったことが5日、岡山県警への取材で分かった。

 県警によると、逮捕された指定暴力団山口組系の4次団体組員、山本英之容疑者(32)=自称・愛知県半田市旭町=は5日正午ごろ、岡山南署に1人で出頭。犯行に使用されたとみられる凶器は所持しておらず、現在、見つかっていないという。

 逮捕容疑は、5月31日午前9時50分ごろ、岡山市南区豊成のマンション駐車場で、高木若頭に向けて拳銃ようのものを数発発射して殺害したとしている。県警は山本容疑者の認否を明らかにしていない。

 警察関係者によると、池田組は、資金力が豊富とされる岡山県の有力団体。昨年8月末の山口組分裂騒動では、池田組の組長が井上邦雄・山健組組長らとともに山口組を離脱し、神戸山口組の傘下となった。県警は山口組の分裂を巡る対立抗争の可能性もあるとみて捜査している。

「産経WEST」のランキング