産経WEST

ホッキョクグマのお別れイベント 嫁入り5年で天王寺動物園から浜松へ帰郷

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


ホッキョクグマのお別れイベント 嫁入り5年で天王寺動物園から浜松へ帰郷

プレゼントをもらうバフィン(手前)とモモ=4日午前、大阪市天王寺区の天王寺動物園(宮沢宗士郎撮影) プレゼントをもらうバフィン(手前)とモモ=4日午前、大阪市天王寺区の天王寺動物園(宮沢宗士郎撮影)

 大阪市の天王寺動物園で4日、浜松市動物園へと帰郷するホッキョクグマの母娘のお別れイベントが開かれ、大好物のフルーツが入った氷柱が贈られた。

 平成23年3月に繁殖のための一時的な移籍で来園したバフィン(24歳)は、26年11月にモモ(1歳)を出産。成長したモモは天王寺動物園の人気者となった。

 この日、バフィンとモモが来園者の前に現れると、大きな歓声が上がった。2頭は与えられた氷柱に抱きついたりフルーツをおいしそうにかじったりして元気に動き回っていた。

 大阪市浪速区の会社員、撫養(むや)卓哉さん(27)は「長男と同じころに生まれたモモちゃんが自分の子供の成長と重なった。浜松に行くのは寂しいが、これからも元気で」と話した。

「産経WEST」のランキング