産経WEST

「酪農後継者のパートナー求む!」 北海道別海町が婚活イベントの参加者募集

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「酪農後継者のパートナー求む!」 北海道別海町が婚活イベントの参加者募集

婚活イベントに参加後、ゴールインしたカップル=北海道別海町 婚活イベントに参加後、ゴールインしたカップル=北海道別海町

 酪農のまちで婚活しませんか-。大阪府枚方市と友好都市提携を結んでいる北海道別海(べつかい)町が、同町で酪農を営む独身男性と都会に住む独身女性との出会いの場を提供する交流イベント「菊と緑の会inべつかい」を開催する。昭和59年から30年以上も続き、全国各地で開催されている「婚活イベント」のはしりともいわれている。これまでに90組のカップルが誕生しており、独身女性の参加者を募集している。(桧垣義宣)

 別海町は北海道東部に位置し、面積約1300平方キロ、人口約1万5千人。広大な原野を利用して約11万頭の乳牛が飼育されている日本屈指の酪農地帯として知られる。しかし、昭和40年代後半から酪農後継者のパートナー不足が深刻化。枚方市から同町に嫁いだ女性が里帰りした際に、市長を訪問して窮状を訴えたのをきっかけに同59年から交流イベントが始まった。

 これまで32回の開催で604人の女性が参加し、90組のカップルが結婚している。

 今年は10月7~10日の3泊4日で開催され、雄大な自然の中で行われる酪農体験を通じて、同町の酪農青年や地域住民らと交流を深める予定だ。

 平成25年に堺市西区から参加し、昨年に結婚した女性(32)は「空気や水、食べ物すべてがおいしい町。家族で働けるので、夫の姿をいつも見ながら穏やかな生活を送っている」と話している。

 枚方市をはじめ他都市からの参加も受け付けており、参加費用は1人3万円。募集人数は15人で、応募多数の場合は書類選考で決定。枚方市賑わい交流課が配布している参加申込書に必要事項を記入して申し込む。8月5日消印有効。

 資料請求などの問い合わせは同課(072・841・1221)。

このニュースの写真

  • 「酪農後継者のパートナー求む!」 北海道別海町が婚活イベントの参加者募集

「産経WEST」のランキング