産経WEST

パナ、有機ELテレビを世界展開

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


パナ、有機ELテレビを世界展開

 パナソニックは2日、欧州で展開する次世代パネルの「有機EL」を採用したテレビを、日本を含む世界各地域で販売する方針を明らかにした。開発中の新モデルを世界戦略商品と位置付け、欧州のほかに日本、アジア、オセアニア、中南米などで売り出す計画だ。

 家電事業を担当する本間哲朗専務が同日、東京都内で産経新聞などの取材に応じ、「有機ELテレビを世界中に届けたい」と述べた。早ければ平成29年初めから新モデルを販売する方向という。有機ELパネルは韓国LG電子から調達し、独自の画像処理技術を用いて差別化を図る。

 一方、姫路工場(兵庫県姫路市)で生産するテレビ用液晶パネルからの撤退について、本間専務は「自社製のテレビには採用していないため、テレビ事業への影響はない」と説明した。

 また、現在は約5%の国内家電事業の営業利益率について、「中期的には(海外の同業他社並みの)二ケタの利益率を狙っていきたい」との考えを示した。

「産経WEST」のランキング