産経WEST

「日本一低い」6・1メートル山開き…「“遭難”しないよう、ゆっくりと登って」 徳島の弁天山

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「日本一低い」6・1メートル山開き…「“遭難”しないよう、ゆっくりと登って」 徳島の弁天山

 山開きした、自然にできた山としては「日本一低い」とされる弁天山=1日午前、徳島市  山開きした、自然にできた山としては「日本一低い」とされる弁天山=1日午前、徳島市

 自然にできた山としては日本一低いとされる徳島市の弁天山(6・1メートル)で1日、地元保存会が山開きの式典を行い、全国の登山者の安全を祈願した。山の高さにちなみ、毎年この日に実施している。

 集まった約200人を前に、保存会の山下釈道理事長は「開山以来、遭難者のいない安全で安心な山。全国の山の事故が少しでも減るようにお祈りする」とあいさつ。

 テープカット後に登山が始まると、入り口の鳥居からはみ出すほどの長蛇の列ができた。「“遭難”しないよう、ゆっくりと登って」とのアナウンスが流れる場面も。

 市によると平安時代、付近一帯は海で弁天山は海中の小島だったが、室町時代までに海水が引き、山になったと推測されている。

 国土地理院によると、大阪市の天保山(4・5メートル)など弁天山より低い人工の山は存在するが、保存会は「自然にできた山では日本一低い」と主張。これまで延べ十数万人が“登頂”したといい、保存会が証明書を渡している。

「産経WEST」のランキング