産経WEST

男子高校生のつま先蹴って暴行容疑 「席詰めろ」と言った元和歌山県職員を逮捕

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


男子高校生のつま先蹴って暴行容疑 「席詰めろ」と言った元和歌山県職員を逮捕

 電車内で男子高校生の足のつま先を蹴ったとして、和歌山県警和歌山東署は31日、団体職員で和歌山市内の元県職員の男(67)を暴行容疑で現行犯逮捕した。高校生にけがなどはなかった。

 逮捕容疑は31日午前8時30分ごろ、五条発和歌山駅行きのJR和歌山線の車内で、乗客の男子高校生(17)の右つま先を蹴ったとしている。

 同署によると、元県職員は座席に座っていた男子高校生に「席を詰めれば座れる」と言って、右足のつま先で男子高校生の右足のつま先を蹴ったという。和歌山駅に到着後、高校生が110番した。

 男は現在は団体職員で、県では参事や県土地開発公社専務理事などを務めた経歴がある。

▼電車内で会社員が下半身を…眠ったふり女子大生がスマホ“証拠”動画で捕まえた

▼「スマホ電磁波が体に刺さり激痛…」優先席で操作の男性を暴行した被告に無罪

「産経WEST」のランキング