産経WEST

奄美大島でサンゴ産卵の撮影に成功 青い海がピンク色に

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


奄美大島でサンゴ産卵の撮影に成功 青い海がピンク色に

サンゴが精子と卵子が入ったカプセルを一斉に放出し彩られた海中=28日夜、鹿児島県奄美市沖(興克樹さん撮影) サンゴが精子と卵子が入ったカプセルを一斉に放出し彩られた海中=28日夜、鹿児島県奄美市沖(興克樹さん撮影)

 鹿児島県・奄美大島の沿岸で、サンゴの産卵が始まった。精子と卵子が入った直径0・5ミリほどのカプセルが一斉に放出され、海がピンク色で彩られた。

 奄美市の写真家、興克樹さん(45)が同市名瀬の大浜海岸沖で、ミドリイシと呼ばれる種類のサンゴが産卵している様子を撮影した。

 同海岸付近では白化現象などで大幅に減少し、昨年までは産卵に至らなかったといい、「一斉産卵するとは思わなかった」と興さん。産後の成長に期待。

「産経WEST」のランキング