産経WEST

【淡路島のナゾ】島のサルはなぜ優しい?「サル文字」に「サル団子」 遺伝と文化を継承か?

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【淡路島のナゾ】
島のサルはなぜ優しい?「サル文字」に「サル団子」 遺伝と文化を継承か?

エサに沿ってサルが並んでできる「サル文字」。淡路島のサルの寛容性を示している=淡路島モンキーセンター(平成27年12月撮影) エサに沿ってサルが並んでできる「サル文字」。淡路島のサルの寛容性を示している=淡路島モンキーセンター(平成27年12月撮影)

 兵庫県洲本市畑田組の「淡路島モンキーセンター」のサルは他地域のサルに比べて穏やかだという。子供のころに栃木・日光で野生のサルに襲われたのがトラウマの記者にとって、サルのイメージは「キーキー」と歯をむき出して騒いでいる姿。本当に淡路島のサルは優しいのか、そしてその理由は-。関係者に聞いてみた。

 同センターは昭和42年、餌付けした野生のサルを身近に観察できる施設として開園、現在も島南東部の山々に生息する200頭以上が集まる。延原利和所長によると、ニホンザルには厳しい序列があり、下位のサルは上位のサルのエサに手を付けないなどのルールがあるが、同センターでは開園当初から、エサをめぐるけんかが少なく仲が良い傾向があったという。

 大阪大人間科学部の山田一憲講師(比較行動学)ら研究者は、淡路島のサル独特の性格に注目。実験を通して攻撃性が低く、優しい性格であることを裏付けてきた。

 直径8メートルの円の中にエサをまき何頭が入ることができるか調べる「8メートル実験」では、淡路島の群れは約160頭が入り、20頭前後しか入らなかった他地域の群れを大きく上回った。上位のサルがエサを独占するニホンザルの社会ではめずらしいといい、文字の形にまかれたエサを仲良く食べることで形成される「サル文字」も特異という。

「産経WEST」のランキング