産経WEST

【支える・リオパラリンピック(1)】競泳・一ノ瀬メイの筋トレ用義手を作製 那須誠さん(中村ブレイス)

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【支える・リオパラリンピック(1)】
競泳・一ノ瀬メイの筋トレ用義手を作製 那須誠さん(中村ブレイス)

一ノ瀬メイ選手の義手を手がけた那須誠さん。本物そっくりの乳房や手、指などを製作し、事故や病気で体の一部を失った人たちに元気を与えている 一ノ瀬メイ選手の義手を手がけた那須誠さん。本物そっくりの乳房や手、指などを製作し、事故や病気で体の一部を失った人たちに元気を与えている

 生まれつき右肘から先がなく、ゆえに上半身の筋力強化がままならない。競泳のリオデジャネイロパラリンピック代表、一ノ瀬メイ(19)=近大=が抱えていた悩みは、ある出合いによって解消した。

 昨春から、筋力トレーニング時の“相棒”となったのが義手だ。ロープを引っ張ったり、重りを持ち上げたりできるようになり、上腕や背中、肩甲骨周りは見違えてたくましくなった。「だいぶパワーがついた。義手をつくっていただいたおかげ」と感謝する。

 手がけたのは、義肢装具メーカー「中村ブレイス」(島根県大田市)の那須誠さん(39)。五輪3大会に出場した近大水上競技部の山本貴司監督(37)からの依頼を同大OBの中村俊郎社長(68)が快諾。「持っている技術のすべてを注いでほしい」と那須さんに白羽の矢を立てた。

 所属は「メディカルアート研究所」。乳がんで乳房を失った女性や、事故で手や指を欠損した人たちのために、シリコーンゴムで精巧に模した製品をつくるのが本来の業務だ。肌の色や質感はもちろん、指紋や体毛にいたるまで本物そっくりに再現。那須さんがこれまでに携わった製品は約5千人分にも上るという。

 アスリート用の義手を手がけるのは初めてだったが、「われわれの部署に教科書はないんです。自分たちで考えてできるところにおもしろさがある」と依頼に向き合った。素材には水に強く、経年劣化しないシリコーンゴムを選択。接合部がぐらぐらしないよう、硬さの違うものを二重に重ねる工夫を凝らした。

 あえてロボットの部品のような見た目にしたのは、一ノ瀬からのリクエストだった。実物と見まがう義手の提供も打診したが、本人はまったく興味を示さなかったという。「彼女は自分を障害者だとは思っていないんです。個性だと」

このニュースの写真

  • 競泳・一ノ瀬メイの筋トレ用義手を作製 那須誠さん(中村ブレイス)

「産経WEST」のランキング