産経WEST

おおさか維新2人目候補…自民離党市議が有力 参院選大阪選挙区

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


おおさか維新2人目候補…自民離党市議が有力 参院選大阪選挙区

 おおさか維新の会の夏の参院選大阪選挙区(改選数4)の2人目の候補として、今年3月に自民党を離党した高木佳保里堺市議(43)が有力となっていることが28日、関係者への取材で分かった。候補者公募には高木氏や政治団体・大阪維新の会の女性大阪市議ら計9人が申し込んでおり、最終選定を急いでいる。

 おおさか維新は大阪選挙区で既に党政調会長の浅田均大阪府議(65)の公認を決定。党内では、浅田氏は大阪市が地盤で、高木氏の堺市と選挙対策組織を分けることで、複数当選が見込めるとの構想がある。大阪市議を推す声もある。

 馬場伸幸幹事長は28日、大阪市の党本部で高木氏らと面接。「候補を絞って松井一郎代表に報告し、決めてもらう」と記者団に語った。高木氏は2011年の堺市議選に自民党から出馬して初当選し2期目。「政治信条の違い」を理由に自民を離党した。

「産経WEST」のランキング