産経WEST

火星が地球に31日最接近 都市部でも肉眼で見える

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


火星が地球に31日最接近 都市部でも肉眼で見える

 火星が徐々に地球に近づき31日、地球から7528万キロの距離に最接近する。地球と火星は公転軌道の関係から約2年2カ月ごとに接近するが、距離は毎回変わり、今回は平成17(2005)年11月以来の近さとなる「中接近」。次回の30(2018)年7月は5759万キロまで近づく大接近となる。

「スーパーマーズ」…南南東の空に注目!

 国立天文台によると、火星は近づくにつれ夜空に赤く明るく輝いており、町明かりのある都市部でも肉眼で見ることができる。瞬かずに見えるのが特徴で、午後10時ごろには南南東の空にあるという。

 条件が良ければ、火星の左側に赤い星として有名なさそり座のアンタレスや白っぽい土星も見える。

▼宇宙の仕事を夢見…バブル億の借金が原動力…元祖イケメン俳優の阿部寛「まだチャンスある」

▼三つ星に輝かず衝撃…北陸新幹線で注目“百万石”金沢「ゼロ」、隣県の富山に ミシュラン発表

このニュースの写真

  • 火星が地球に31日最接近 都市部でも肉眼で見える

「産経WEST」のランキング