産経WEST

【ビジネスの裏側】息をのむ美「はんだ付けアート」 少女の髪、ビートル…町工場の職人たちのスゴ技は発展途上

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【ビジネスの裏側】
息をのむ美「はんだ付けアート」 少女の髪、ビートル…町工場の職人たちのスゴ技は発展途上

少女の髪の毛や洋服のレースの質感を精巧に表現した作品「森の中の少女」 少女の髪の毛や洋服のレースの質感を精巧に表現した作品「森の中の少女」

 熱で溶かしたはんだによって金属を接合する「はんだ付け」で、花や虫などを造形する「はんだ付けアート」がにわかに人気を集めている。そもそも電子部品や電線などの接合に欠かせない技術で、町工場の職人らがはんだごてを用いて黙々と作業するという地味なイメージもあった。だが、その繊細な技法が“芸術作品”にまで押し上げた。平成25年に始まったアートコンテストには男女問わず幅広い年代が応募。はんだ付けが芸術として定着していけば、そのイメージも確実に上がる。(栗井裕美子)

息をのむ美しさ

 風になびく少女の髪、葉脈まで浮かび上がらせた木の葉、袖口にあしらわれた透け感のあるレース、羽がひらひらの質感のチョウ…。はんだ付けの技法を用いた作品「森の中の少女」。精巧に表現され金属の質感がミステリアスな雰囲気すら醸し出す。

 昨年の「第3回はんだ付けアートコンテスト2015」で2位に入賞した作品だ。1位は自動車をかたどった「ごきげんビートル」で、寸分の狂いなく正確に部品を接合した技術などが評価された。

 そのほか、躍動感あるドラゴン、水しぶきを上げるカジキマグロ、細い手足や触覚のカマキリなど、過去のコンテストの受賞作品はいずれも臨場感あふれる精巧な仕上がりで息をのむ美しさだ。

このニュースの写真

  • 息をのむ美「はんだ付けアート」 少女の髪、ビートル…町工場の職人たちのスゴ技は発展途上
  • 息をのむ美「はんだ付けアート」 少女の髪、ビートル…町工場の職人たちのスゴ技は発展途上
  • 息をのむ美「はんだ付けアート」 少女の髪、ビートル…町工場の職人たちのスゴ技は発展途上
  • 息をのむ美「はんだ付けアート」 少女の髪、ビートル…町工場の職人たちのスゴ技は発展途上

「産経WEST」のランキング