産経WEST

シール貼り替え、せんべい賞味期限を改ざん 兵庫

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


シール貼り替え、せんべい賞味期限を改ざん 兵庫

 兵庫県姫路市保健所は24日、同市の菓子卸会社「なかの」が、せんべい「KAWARAセレブ チーズクリーム入り」の賞味期限を改ざんしていたと発表した。販売実績は不明で、健康被害は確認されていない。同社は自主回収を進めている。

 保健所によると、せんべいは1袋4枚入りで、今年1月から自社の店舗や市内の売り場などに出していた。なかのは、製造元が決めた賞味期限(90日間)を約1カ月半延長した日付のシールに貼り替えていた。

 同社は「売れ残りを出したくなかった。普通のかわらせんべいは5カ月くらい持つので大丈夫だと思った」と説明。改ざんしたのは約30袋としている。

 今月2日、保健所に情報提供があり、食品表示法違反の疑いで調査していた。

「産経WEST」のランキング