産経WEST

四国沖で地殻のひずみ蓄積 南海トラフの震源域 海上保安庁が観測、ネイチャー電子版に発表

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


四国沖で地殻のひずみ蓄積 南海トラフの震源域 海上保安庁が観測、ネイチャー電子版に発表

 南海トラフ沿いに蓄積するひずみの分布。色の濃い部分に大きなひずみがたまっている。太線は南海トラフ地震の想定震源域(海上保安庁提供)  南海トラフ沿いに蓄積するひずみの分布。色の濃い部分に大きなひずみがたまっている。太線は南海トラフ地震の想定震源域(海上保安庁提供)

 巨大地震が想定される南海トラフで、地震を引き起こす地殻のひずみが四国沖や熊野灘、東海地震の想定震源域などに蓄積されているとする観測結果を海上保安庁などのチームが23日付の英科学誌ネイチャー電子版に発表した。南海トラフ沿いのひずみの分布を詳しく解析したのは初めて。

 チームは「将来起きる地震を正確に想定するための重要なデータとなる」と指摘している。

 海保によると、ひずみが蓄積する海域は国の防災計画の想定内で、被害想定の拡大などにはつながらない見通し。

 南海トラフでは、日本列島が乗った陸のプレート(岩板)の下にフィリピン海プレートが沈み込み、境界にひずみがたまる。境界の大部分は海底にあり、陸地からの観測では正確に捉えきれなかった。

「産経WEST」のランキング