産経WEST

【神戸児童連続殺傷事件から19年】土師守さん「加害男性への教育は何の意味もなかった」 手記で心情を吐露

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【神戸児童連続殺傷事件から19年】
土師守さん「加害男性への教育は何の意味もなかった」 手記で心情を吐露

 神戸市須磨区で平成9年に起きた児童連続殺傷事件で、土師(はせ)淳君=当時(11)=が加害男性(33)に殺害されてから24日で丸19年。父親の守さん(60)が心境をつづった手記を弁護士を通じて公表するとともに、報道各社の質問に文書で回答した。

 守さんは、淳君への心情を「何年たとうとも親の子供への想(おも)いは変わることはありません」と吐露。加害男性が昨年、手記を出版したことに関連し、「私たちは出版の停止と手記の回収を申し入れましたが、受け入れようとはしませんでした」と打ち明けた。

 加害者の更生のあり方については、「加害男性は犯した罪に対する罰は何も受けていません。彼が受けたのはあくまで教育です」と指摘した上で、「彼への教育はまったく何の意味もなかったということです。現状については変えていく必要があるのではないかと思います」とした。

「産経WEST」のランキング