産経WEST

催眠療法で意識もうろうの女子大生にキス…わいせつ罪の元大学教授に有罪判決 名古屋地裁

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


催眠療法で意識もうろうの女子大生にキス…わいせつ罪の元大学教授に有罪判決 名古屋地裁

 同じ大学の女子学生のカウンセリング中にキスしたとして、準強制わいせつ罪に問われた中京学院大中京短期大学部(岐阜県瑞浪市)の元教授(60)に名古屋地裁は19日、懲役1年2月、執行猶予3年(求刑懲役1年6月)の判決を言い渡した。

 鵜飼祐充裁判官は「カウンセリングを受けに来ていた女子学生の信頼を裏切る犯行で卑劣。女子学生の処罰感情も厳しい」と指摘。一方で「示談が成立し、深く反省している」と述べた。

 判決によると、元教授は昨年11月28日、名古屋市北区のホテルで、催眠療法を受けて意識がもうろうとしていた女子学生にキスをした。

 元教授の専門は心理学で、大学の学生相談室でカウンセリングも担当していた。

「産経WEST」のランキング