産経WEST

【衝撃事件の核心】スズメバチ駆除で爆発、自宅炎上 「どこがスペシャリストやねん!」家族怒り心頭、法廷闘争の行方

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
スズメバチ駆除で爆発、自宅炎上 「どこがスペシャリストやねん!」家族怒り心頭、法廷闘争の行方

 「出火直後に報告があれば、消火を手伝うことで鎮火できた可能性もあった」

 「ガスで充満したかやぶき内に発煙装置を入れれば、装置の火の粉が引火することは容易に想像できる」

 「2人が専門業者としてハチの駆除作業をしていたことも踏まえると、故意にも近い重大な過失による火災だ」

 山田家の代理人弁護士によると、業者側は書面の提出にも応じず、連絡が取れない状態だという。作業員2人もそれぞれ過失は認めていない。

年間20人前後が死亡

 スズメバチはハチの中でも大きく、性格も凶暴だ。巣に近寄らないことが一番だが、巣があることに気づかずに、刺されてしまうことも多い。

 厚生労働省によると、26年にハチに刺されて死亡した人は14人。その前の年は24人で、年間20人前後で推移している。大半がスズメバチの被害とみられ、毒ヘビによる死者の数を上回っている。

 自治体によっては、ハチの巣の駆除を行っているところもあるが、大阪市などは「土地の所有者、管理者が自らの責任で行うよう、お願いしている」(担当者)と、自己処理が原則。かといって、素人が駆除できるようなものでもないため、結局は業者に頼ることになる。

 だが、行政の許認可や資格が必要とされていないため、どの業者がいいか選ぶのは簡単ではない。消費者センターには料金トラブルの相談も寄せられているという。

続きを読む

「産経WEST」のランキング