産経WEST

ネット使用料の延滞金名目で1600万円詐欺被害 「財産差し押さえになる」 広島市の30代女性

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


ネット使用料の延滞金名目で1600万円詐欺被害 「財産差し押さえになる」 広島市の30代女性

 広島中央署は18日、広島市の30代の女性が、調査会社をかたる男らにインターネット使用料の延滞金名目で1625万円をだまし取られたと明らかにした。詐欺事件として捜査している。

 同署によると、女性は4月1日、「サイトの延滞金請求がある」との調査会社名のメールをスマートフォンで受信。指示された番号に電話すると「このままでは財産が差し押さえになる」と言われた。消費者金融で金を借りるなどして広島市内で現金を手渡したり、関東地方の住所へ郵送したりした。

 5月上旬、女性が警察に相談して被害が発覚した。

「産経WEST」のランキング