産経WEST

初ガツオ、近海水揚げ激減…韓国”爆漁”1.6倍、インドネシア・米も激増 高値で日本の「食習慣廃れる」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


初ガツオ、近海水揚げ激減…韓国”爆漁”1.6倍、インドネシア・米も激増 高値で日本の「食習慣廃れる」

 同県水産試験場資源海洋部によると、県内主要3港(串本、すさみ、田辺)の3~5月のカツオ水揚げ量は、平成15年は1167トンあったが、26年は72トンと10分の1以下まで減少。昨年は回復したが、135トンと低迷している。

乱獲が一因?

 カツオは水温20度以上の海を好み、東南アジアなどの中西部太平洋を回遊し、水温が上昇する春の時期に日本近海にやってくると考えられている。

 ただ、世界的な魚食ブームも手伝って、東南アジアを中心にカツオ漁をする国が増加。水産庁などによると、多くが一本釣りの日本と違って、魚の大きさにかかわらず根こそぎ捕獲する巻き網漁が主流だという。同部の担当者は「本来は豊富な漁業資源として利用されてきた。乱獲の可能性はあるが、はっきりと解明はされていない」と話す。

 日本や東南アジアの国々でつくる中西部太平洋まぐろ類委員会によると、周辺海域のカツオ漁獲量は、2001(平成13)年は約111万トンだったが、13(同25)年には約181万トンを記録。

 年によって変動があるが、漁獲量の多い国は、日本の他に米国、韓国、インドネシア。特にインドネシアは約6万2千トン(2001年)から約17万トン(2013年)、米国は約7万4千トン(2001年)から約20万5千トン(2013年)、と増加。また、韓国も約11万5千トン(2001年)から約17万7千トン(2013年)に。日本近海で漁獲量が減る中で、全体では約1・6倍増加している。

 近海漁業者でつくる全国近海かつお・まぐろ漁業協会の担当者は「東南アジア地域での巻き網漁は脅威だ。将来的に完全にとれなくなるのではないか」と危機感を募らせている。

「産経WEST」のランキング