産経WEST

コウノトリ「コウちゃん」婚活中、巣は作ったがお嫁さんは?…和歌山に飛来して4年、関係者やきもき

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


コウノトリ「コウちゃん」婚活中、巣は作ったがお嫁さんは?…和歌山に飛来して4年、関係者やきもき

巣にいるコウちゃんとみられるコウノトリ。婚活はうまくいくか=和歌山市(関西電力提供) 巣にいるコウちゃんとみられるコウノトリ。婚活はうまくいくか=和歌山市(関西電力提供)

見守り隊

 コウちゃんを熱心に追いかけるファンもいる。ねぐらの近くに住む青柳久勝さん、福田直彦さん、土橋進さん、和田博之さんの4人だ。それぞれ早朝と夕方にコウちゃんの姿を探し、カメラに収めてブログに載せたりしている。

 4人はもともと知り合いではなかったが、それぞれコウちゃんを観察しているうちによく顔を合わせるようになり、意気投合したという。

 喫茶店を営む土橋さんは野鳥の観察が趣味で、鳥の写真を撮っているとコウちゃんがやってきたといい、観察は今では日常の一部となった。ほかの3人も「とにかく見ているだけで楽しい」と笑顔で話す。

 アイドルを追いかけるような、あるいは父親のような気持ちでコウちゃんを見つめる“見守り隊”の4人。「お嫁さんを連れてきてほしい」というのが今の願いだ。

一軒家持ちの“シティーボーイ”

 そのコウちゃんに“婚活”の兆しが出ている。今年初めて巣を作ったのだ。場所は、鉄塔から約7キロ西に離れた工業用埋め立て地の電柱の上。一帯は、関西電力が将来のLNG火力発電所建設を見込んで平成10~11年に取得した土地で、関係者以外立ち入れない。現在は地盤改良中で土地は利用しておらず、電柱に電気は通っていないという。

このニュースの写真

  • コウノトリ「コウちゃん」婚活中、巣は作ったがお嫁さんは?…和歌山に飛来して4年、関係者やきもき
  • コウノトリ「コウちゃん」婚活中、巣は作ったがお嫁さんは?…和歌山に飛来して4年、関係者やきもき

「産経WEST」のランキング