産経WEST

【私の時間 シネマ】「羽生結弦君は天空の人。同じ弁当を一緒に食べるだけで…」阿部サダヲ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【私の時間 シネマ】
「羽生結弦君は天空の人。同じ弁当を一緒に食べるだけで…」阿部サダヲ

「僕は、一番下でいいです」と語る阿部サダヲ(宮沢宗士郎撮影) 「僕は、一番下でいいです」と語る阿部サダヲ(宮沢宗士郎撮影)

 社会にはさまざまな上下関係があるが…。「僕は、一番下でいいです」。小さな声でつぶやいた言葉に、心からの思いを感じる。

 「きっと下から見えることの方が多いから。“庶民でいる”ことは大切だと、今作で再確認しました」

 主演映画「殿、利息でござる!」(中村義洋監督)は、磯田道史氏の「無私の日本人」の一編「穀田屋十三郎」が原作。江戸時代中期に仙台藩吉岡宿で起こった実話だ。重い年貢に疲弊した町を救うため、藩に金を貸し、その利息を住人に配るという計画を実現させようと、私財をなげうち尽力する人々を描く。

 250年前の実話に驚いたと同時に「事を成し遂げた彼らが格好いいなと」。その人数は、野球のナインと同じ9人。「無名の草野球チームが、プロ野球に勝つぐらいの話。そこに日本人の慎みや、親子の話も描かれ、感動しました」

 商人、穀田屋十三郎役。寡黙だが、思い込んだら突き進む人物だ。「弟と親の関係が分かるまでは、迷惑なほど真っすぐでいようと」。監督から「黒澤明監督の映画『生きる』の志村喬(たかし)さんのあの目で」と言われた。「表情や目を意識した受けの芝居をした」。芸達者の共演者が毎回芝居を変えてくるため、ライブ感があって面白かったとか。

このニュースの写真

  • 「羽生結弦君は天空の人。同じ弁当を一緒に食べるだけで…」阿部サダヲ
  • 「羽生結弦君は天空の人。同じ弁当を一緒に食べるだけで…」阿部サダヲ
  • 「羽生結弦君は天空の人。同じ弁当を一緒に食べるだけで…」阿部サダヲ
  • 「羽生結弦君は天空の人。同じ弁当を一緒に食べるだけで…」阿部サダヲ

「産経WEST」のランキング