産経WEST

中国から来襲?外来スズメバチ発見…宮崎・油津港

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


中国から来襲?外来スズメバチ発見…宮崎・油津港

 環境省九州地方環境事務所は11日、宮崎県日南市の油津港で特定外来生物のツマアカスズメバチ1匹を捕獲したと発表した。16日から付近に捕獲トラップ約100個を設置し緊急調査する。

 環境省によると、ツマアカスズメバチは中国や東南アジアが原産で、全体的に黒っぽいのが特徴。在来のスズメバチに比べて繁殖力が高く、巣が大型化しやすい。長崎県・対馬で定着が確認されているほか、昨年9月には北九州市で巣が見つかった。

 環境省は韓国・釜山港と船の往来がある九州各地の港で実態調査しており、疑わしい個体を発見した際は情報提供するよう呼び掛けている。

「産経WEST」のランキング