産経WEST

〝元祖ガールズ〟佐藤ゆかり議員を刑事告発、“身内”の自民・枚方市支部長 大阪地検、双方を捜査へ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


〝元祖ガールズ〟佐藤ゆかり議員を刑事告発、“身内”の自民・枚方市支部長 大阪地検、双方を捜査へ

自民党の佐藤ゆかり衆院議員 自民党の佐藤ゆかり衆院議員

 自民党の佐藤ゆかり衆院議員(54)=大阪11区=側が受領した現金200万円を政治資金収支報告書に記載しないのは違法として、自民党枚方市支部の出来成元(しげちか)支部長(67)が、政治資金規正法違反罪で佐藤氏を大阪地検に刑事告発したことが10日、分かった。

 一方、佐藤氏側も出来氏側の収支報告書が虚偽記載だとして、同法違反罪で告発。地検は双方の告発を受理しており、“身内”の争いに捜査機関が乗り出す異例の事態に発展した。

 出来氏側は告発状で、佐藤氏側が平成26年12月の衆院選直後、地元業者2社から同支部を通じ計200万円を受け取ったのに、寄付の受け皿となる自民党大阪府第11選挙区支部の会計責任者に対し、26年分収支報告書に受領の事実を記載させなかったと訴えている。出来氏は取材に「違法性のある現状を放置できないと判断した」と話した。

 これに対し、佐藤氏の代理人は「200万円は枚方市支部を経由せず、2社から11区支部で直接受け取った『預かり金』で、すでに返金した」と反論。

 枚方市支部が26年分収支報告書に佐藤氏への200万円の支出を記載したことを問題視し、「佐藤氏が同支部から200万円を受け取った事実はなく、出来氏側の収支報告は規正法上の虚偽記載罪に当たる」と主張した。

「産経WEST」のランキング