産経WEST

ネズミが列車信号に悪さ? ケーブルかじりJR止める 岡山・JR伯備線

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


ネズミが列車信号に悪さ? ケーブルかじりJR止める 岡山・JR伯備線

 岡山県総社市のJR伯備線清音駅で10日午前、2度にわたって信号機のトラブルが発生し、上下線で一時運転を見合わせた。JR西日本岡山支社は地下のケーブルをネズミがかじったのが原因とみている。

 岡山支社によると、午前7時50分ごろ、下り線の信号が赤から変わらなくなり、運転を見合わせた。約45分後にいったん運転を再開したが、別の信号でもトラブルが起きるなどしたため再度運転を止め、午前10時15分ごろ全面復旧した。点検中、ケーブルにネズミがかじったような跡が見つかった。

 ケーブルは地下に埋設したコンクリート製の覆いの中を通っており、隙間からネズミが入り込んだとみられる。伯備線は岡山-出雲市(島根県出雲市)間で特急「やくも」を含む計9本に運休や最大で約2時間の遅れが出た。

「産経WEST」のランキング