産経WEST

交通事故、畑荒らす食害も…「奈良のシカ」現状について21日にシンポ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


交通事故、畑荒らす食害も…「奈良のシカ」現状について21日にシンポ

 国の天然記念物「奈良のシカ」への取り組みや課題を知ってもらおうと奈良県は21日、シンポジウム「天然記念物『奈良のシカ』の保護・管理の現状と課題」を奈良市の奈良教育大学講堂で開催する。

 奈良公園で観光客らの人気を集める奈良のシカ。だが、近年は人や車との交通事故の増加や、畑の農作物を食い荒らす被害などが深刻化している。

 シンポジウムでは、奈良教育大学教授の渡辺伸一氏が「これまでの保護と管理のあり方」、北海道大学大学院助教の立澤史郎氏が「奈良のシカと人との関わり-特に餌付け-の現状と課題」など、奈良のシカと人との共存をテーマに専門家7人がそれぞれの立場で説明する予定。

 参加無料で、事前申し込み不要。定員250人。問い合わせは県奈良公園室(電0742・27・8028)。

「産経WEST」のランキング