産経WEST

走行中の新幹線で車掌喫煙 JR東海「厳正に対処」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


走行中の新幹線で車掌喫煙 JR東海「厳正に対処」

 JR東海の20代の男性車掌が、2日に走行中の東海道新幹線の運転室内で電子たばこを吸っていたことが5日、分かった。同社は乗務中の喫煙を禁じており「処分も含めて厳正に対処する」としている。運行に影響はなかったという。

 JR東海によると、乗務していたのは2日夜の新大阪発東京行き「のぞみ408号」。新大阪駅を出発した後に、後方の運転室でたばこを吸っていた。東京駅に到着後、同乗の車掌が吸い殻を持っているのを見つけた。社内調査に対し、喫煙したことを認めているという。

「産経WEST」のランキング