産経WEST

【けいざい徒然草-番外編(上)】スター・ウォーズ、ゴジラ、幻魔大戦…世界的イラストレーター、生頼範義氏の原画間近に 兵庫・明石で

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【けいざい徒然草-番外編(上)】
スター・ウォーズ、ゴジラ、幻魔大戦…世界的イラストレーター、生頼範義氏の原画間近に 兵庫・明石で

〈SFアドベンチャー〉『アルタイアー』 徳間書店 1981.9 (C)生頼範義 〈SFアドベンチャー〉『アルタイアー』 徳間書店 1981.9 (C)生頼範義

 1階では、生頼氏が昭和55年から8年近く徳間書店のSF小説誌「SFアドベンチャー」の表紙に描いた作品40点以上を展示。聖書のイブを「生頼グリーン」と呼ばれる緑色の宇宙や宇宙船を背景に描くなど、神話時代から現代までの魔女のような女性たちがアクリル絵の具のリキテックスで神秘的に表現されている。

 タロー氏によると、生頼氏はこのイラストにとても力を入れていたらしく、ときには妻をモデルに写真を撮り、人体の動きや衣服のしわなどを丹念に描写したという。ほとんど残っていないという下絵と、こだわり抜いた完成品とを見比べられる展示方法も興味深い。

 昭和61年作「ベレンガリア」はルネサンス調の建築物の背後にキノコ雲と工場のような建物が描かれ、タロー氏は「この年の4月に発生した(旧ソ連の)チェルノブイリ原発事故を参考にしたのではないか」と話す。ほかの原画にも、映画「エイリアン2」に登場するモンスターのエイリアンクイーンや、人気アニメのロボットらしき姿が隠されており、じっくり眺めることでいろいろな発見がありそうだ。

スター・ウォーズの下絵も

 2階会場には、生頼氏が世界的に知られるようになった映画「スター・ウォーズ(SW)」のイラスト5点がある。そのきっかけは昭和53年、徳間書店の「決定版スペースSF映画の本」のピンナップ用に生頼氏が描いたSWのイラストで、精緻な世界観と画力に魅了されたジョージ・ルーカス監督が映画2作目「帝国の逆襲」のポスター制作を依頼したのは有名な話だ。ただし、ルーカス氏が直々にヘリコプターで宮崎市の生頼氏宅の庭に降り立ったという伝説について、タロー氏は「嘘です!」と苦笑いした。

このニュースの写真

  • スター・ウォーズ、ゴジラ、幻魔大戦…世界的イラストレーター、生頼範義氏の原画間近に 兵庫・明石で
  • スター・ウォーズ、ゴジラ、幻魔大戦…世界的イラストレーター、生頼範義氏の原画間近に 兵庫・明石で
  • スター・ウォーズ、ゴジラ、幻魔大戦…世界的イラストレーター、生頼範義氏の原画間近に 兵庫・明石で

「産経WEST」のランキング