産経WEST

【神戸・三宮暴走】数年前にも事故?後遺症で手の震えも 逮捕の沢井容疑者

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【神戸・三宮暴走】
数年前にも事故?後遺症で手の震えも 逮捕の沢井容疑者

逮捕された沢井国一容疑者(フェイスブックより) 逮捕された沢井国一容疑者(フェイスブックより)

 神戸市中央区のJR三ノ宮駅北側の交差点で車が暴走した事故で、自動車運転処罰法違反(過失傷害)容疑で現行犯逮捕された沢井国一容疑者(63)=神戸市中央区=は、同市内の高層マンションに居住している。住人によると、過去に複数回の自動車事故を起こし、その後遺症があったといい、「もう車には乗っていないと思っていた」との声も聞かれた。

 住人らによると、沢井容疑者は妻と死別し、数年前から息子と2人暮らし。40代の女性は「2日ほど前にあいさつしたら、愛想よく返してくれた。物腰のやわらかな、普通のご近所さんといった印象」と話す。別の女性会社員(65)は「息子さんといつも一緒。男手ひとつで一生懸命育てていた」とし、沢井容疑者から、以前は神戸市中央区の繁華街・元町で大きな会社を経営していたと聞いたことがあるという。

 一方、複数の住民によると、沢井容疑者は数年前に自動車事故を起こしたことがあるという。女性会社員によると、沢井容疑者は「事故の後遺症で頭の手術をしなくてはならない」と話していたといい、「手術後、声がどもり気味になり、手が震えたり顔が揺れたりと後遺症が出ていたようだ。もう車には乗っていないと思っていたのに」と驚いた様子だった。

 近年も別の事故を起こして足のリハビリをしていたとの情報もあり、つえをつくなどしてゆっくりと歩く姿が目撃されていた。

「産経WEST」のランキング