産経WEST

「シャブ代欲しくてひったくりした」 23件裏付けて42歳無職男を送検

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「シャブ代欲しくてひったくりした」 23件裏付けて42歳無職男を送検

 大阪府内でひったくりなどを繰り返したとして、大阪府警平野署は2日、窃盗容疑で、住居不定、無職、松田研一被告(42)=窃盗罪で公判中=を逮捕、送検し、23件の犯行(総額約204万円相当)を裏付けて捜査を終えたと発表した。

 松田被告は容疑を認め、「遊ぶ金やシャブ(覚醒剤)代のためにひったくりをしていた」と供述。覚せい剤取締法違反罪でも起訴されている。

 送検容疑は昨年11月中旬~12月中旬、大阪市内の路上で50代女性から、現金約7千円が入った手提げかばんをひったくるなど、窃盗を繰り返したとしている。

 同署員が昨年12月、大阪市内のコンビニエンスストアで盗難バイクを発見し、乗り込もうとした松田被告を窃盗容疑で逮捕した。

「産経WEST」のランキング