産経WEST

シカ肉ココイチ、県庁敷地はダメ 店側「営利目的ではないのに…」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


シカ肉ココイチ、県庁敷地はダメ 店側「営利目的ではないのに…」

昼休みになると長蛇の列ができる滋賀県庁前のココイチ店舗=4月、大津市 昼休みになると長蛇の列ができる滋賀県庁前のココイチ店舗=4月、大津市

 深刻化しているシカの食害を抑止する一助になればと、滋賀県内でカレーチェーン「CoCo壱番屋」の店舗をフランチャイズ展開している「アドバンス」(滋賀県長浜市)が、滋賀県庁前でシカ肉入りカレーを販売していた出張店舗が10日で打ち切りとなる。出店場所が県庁敷地内にあり、「特定企業に県有地を貸せない」と県総務課が判断したためだ。アドバンス側は「営利目的ではなかったのに…」とこぼし、利用していた県の職員からも惜しむ声が上がっている。

「鹿竜田揚げカレー」など計5種

 滋賀県内では農作物を食い荒らすシカに悩まされており、県のまとめによると、平成26年度のニホンジカの被害総額は5766万3千円。被害を抑止しようと、各地でシカを捕獲する取り組みが進められているが、「食肉として活用されている量はごくわずか」(県自然環境保全課)という。

 こうした状況をふまえ、アドバンスは平成27年2月から、1~2週間に一度、県産のシカ肉が入ったカレーを販売する店舗を県庁前に出店。一般客も利用でき、県内の他店舗でも販売している「元祖鹿カレー」に加え、オリジナルメニューの「鹿竜田揚げカレー」など計5種を展開し、1日当たり100食前後を売り上げた。

 だが、県総務課が今年4月、アドバンス側に「このまま敷地を貸し出すことはできない」と通告。アドバンスは県庁内の生協で弁当として販売することも検討したが、「サービス低下は避けられない」として出店取りやめを決めたという。

県有地シカたない!? 行列できるウマさ…食害も抑止「いい取り組みなのに」

「産経WEST」のランキング