産経WEST

【エンタメよもやま話】ボルボが交通死“最悪”中国で自動運転の実験…世界初“キー全廃”にも衝撃

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【エンタメよもやま話】
ボルボが交通死“最悪”中国で自動運転の実験…世界初“キー全廃”にも衝撃

 さて、今週ご紹介するエンターテインメントは、本コラムでは珍しい自動車に関するお話です。

 ご存じの皆さんも多いと思いますが、いまや自動車といえば米グーグルが2017~20年の実用化をめざして行動実験を展開中の「自動運転車」が近い将来、世界規模で普及しそうな気配なのですが、こうした「自動運転車」ではない既存の普通の自動車に関しても、来年から操作方法などが激変しそうなのです。

 というわけで、今回の本コラムでは、来年から激変する世界の自動車業界の驚きの現状などについてご紹介いたします。

レンタカー危機!? スマホひとつ…共有は当然、トランクを「宅配便BOX」に活用

 少し昔の話ではありますが、2月19日付英紙デーリー・メールや22日付米CNNテレビ(いずれも電子版)など、欧米主要メディアが驚きをもって報じ、世界の自動車業界をざわつかせたのですが、日本でも有名なスウェーデンの高級自動車メーカー、ボルボが来年から、車のキーを全廃し、代わりに米アップルの「iPhone(アイフォーン)」のようなスマートフォン(高機能携帯電話)を使ってドアの施錠・解錠をしたり、エンジンをかけたりといったすべての操作ができるようになると発表したのです。

 報道によると、この驚きの発表は2月22日から3日間の日程で、スペインのバルセロナで始まった世界最大級の携帯電話関連展示会「モバイルワールドコングレス」で発表されました。

 この展示会で、ボルボの乗用車部門「ボルボ・カーズ」の製品戦略・自動車生産部門の責任者を務めるヘンリック・グリーン副社長は、今回の革新的な取り組みについて「われわれは技術(革新)のための技術というものには興味がありません。新たな技術とは、われわれの顧客の生活を快適にし、時間を節約できるようなものでなければなりません」と説明し、キーを使うより、スマホを使うことでドライバーの利便性が格段に向上するとの考えを強調しました。

 スマホやスマートウオッチ(腕時計型端末)を使い、自動車のドアを施錠・解錠したり、エンジンをかけたり、エアコンを作動させたり、車を好きな場所に自動で駐車したりといった機能は既にドイツのBMW(ドイツ)が一部の車種で導入しているほか、米のGM(ゼネラルモターズ)では2014年以降、主要車種で標準装備しています。

このニュースの写真

  • ボルボが交通死“最悪”中国で自動運転の実験…世界初“キー全廃”にも衝撃

関連トピックス

「産経WEST」のランキング