産経WEST

【世界を読む】中国人“ウルトラ・リッチガール”は「目立たないからアウディ」先住民は「毎晩のように自殺未遂」…カナダ版「天国と地獄」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【世界を読む】
中国人“ウルトラ・リッチガール”は「目立たないからアウディ」先住民は「毎晩のように自殺未遂」…カナダ版「天国と地獄」

カナダ・バンクーバーのチャイナタウンは北米でも有数の規模を誇る。中国系の富裕層も急増しており、移民の子女らは高級車を乗り回しウルトラ・リッチな生活を送っているという カナダ・バンクーバーのチャイナタウンは北米でも有数の規模を誇る。中国系の富裕層も急増しており、移民の子女らは高級車を乗り回しウルトラ・リッチな生活を送っているという

 カナダの「アジア系」には天国と地獄がある。一方は中東部オンタリオ州の辺境にある先住民の地区を襲った悲劇だ。貧困による将来への絶望感などから、半年余で100人以上の住民が自殺を図ろうとした。他方は西部バンクーバーなどに押し寄せる中国人の富裕層だ。移民などとしてこの国に渡り、子弟らは高級車を乗り回す。そんな若者を取り上げる「ウルトラ・リッチガール」というリアリティーショーまでヒットする。時代を隔ててはいるが、ともにユーラシア大陸から渡ったアジア系である。(坂本英彰)

11人が自殺を図った日も

 「毎晩のように、自殺未遂が発生している。もはや危機的な状況だ」

 英紙ガーディアンは、北極海に面したハドソン湾に近いアタワピスカトの地区長、ブルース・シシーシュさんの悲痛な声を伝えた。約2000人のほとんどは先住民だ。

 昨年9月以来、100件を超える自殺未遂が発生し、ひとりが死亡した。4月9日には、一日で11人もが自殺を図ろうとした。

 引き金になったのは、昨年9月、5人の十代女性が薬物自殺を図ろうとしたことだ。その後、まるで伝染するかのように次から次へと自殺志願者が現れた。

 地区の4人のヘルスケア担当者はメンタルヘルスの知識もないのに対応に駆り出され、ろくに睡眠も取れない状況に陥った。

 アタワピスカトはカナダの豊かさから、取り残されたような地区だ。最も近い町から500キロも離れている。近くのダイヤモンド鉱山で働く住民はいるが、安定した働き口は極めて少ない。細々とした狩猟や漁業はあるが生計を立てるには苦しく、失業率は8割にのぼる。10~14人もの大家族が2~3部屋の家で住むケースが多く、学校に入っても卒業までたどりつくのは3割ほどしかいないという。

性的虐待も一因に

このニュースの写真

  • 中国人“ウルトラ・リッチガール”は「目立たないからアウディ」先住民は「毎晩のように自殺未遂」…カナダ版「天国と地獄」

関連トピックス

「産経WEST」のランキング