産経WEST

シャープ、中東にイチゴ植物工場 コンテナで栽培

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


シャープ、中東にイチゴ植物工場 コンテナで栽培

コンテナ内で完全人工光栽培しているイチゴ栽培用植物工場=アラブ首長国連邦ドバイ(シャープ提供) コンテナ内で完全人工光栽培しているイチゴ栽培用植物工場=アラブ首長国連邦ドバイ(シャープ提供)

 経営再建中のシャープは、富裕層の多い中東地域で植物工場をつくる事業に乗り出す。日本のイチゴを育てるコンテナ型の植物工場を開発した。10月にも、中東の飲食業者らをターゲットに販売を始め、鴻海(ホンハイ)精密工業傘下で新たな収益源にする考え。

 無農薬でイチゴ栽培

 輸送などに使われるコンテナを植物工場に改造。内部にイチゴの苗を植えた栽培棚を並べ、密閉空間にして、温度や湿度を空調装置で管理する。シャープ製の発光ダイオード(LED)照明で人工光を作り、同社独自の除菌技術「プラズマクラスター」を使って苗の病気を防ぎ、無農薬で育てる。

 気温の高い中東では、農耕に適した土地も乏しく、果実や野菜のほとんどを輸入に頼っているところは多い。現地栽培の生鮮品に対する人気は高いとみている。

 植物工場は広さ約30平方メートルのコンテナ7つと、従業員の体を消毒する装置などを備えたクリーンルームのコンテナ1つをあわせて、計8つのコンテナをセットにして販売する計画。イチゴは、年間約3トン(1日あたり30パック程度)を収穫できるという。栽培の技術指導も行う。

 一般的な植物工場は建物と設備を含めて初期投資に10億~20億円程度かかるといわれるが、コンテナを使うことでコストを削減し、初期投資は1億円以内に抑えられる見通し。

このニュースの写真

  • シャープ、中東にイチゴ植物工場 コンテナで栽培

「産経WEST」のランキング