産経WEST

【熊本地震】「生活同様に復興を」ケネディ駐日米大使が熊本城視察 崩落の石垣に神妙な面持ち

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【熊本地震】
「生活同様に復興を」ケネディ駐日米大使が熊本城視察 崩落の石垣に神妙な面持ち

熊本城を視察し、熊本地震について話すケネディ駐日米大使=29日午後 熊本城を視察し、熊本地震について話すケネディ駐日米大使=29日午後

 キャロライン・ケネディ駐日米大使は29日、地震で被災した熊本市を訪問し、甚大な被害が生じた熊本城を視察した。大西一史市長から被害状況の説明を受けたケネディ大使は、屋根瓦が剥がれた天守閣や崩落した石垣を、神妙な面持ちで眺めた。

 ケネディ大使は視察中、記者団に「人々が生活を立て直すのと同様に、熊本城も復興してほしい」と述べた。

 大西市長は「誇りである熊本城を視察していただき、ありがたい。世界のみなさんの力をもらい、熊本を必ず再建させたい」と話した。

 ケネディ大使はこれに先立ち、熊本県庁で蒲島郁夫知事と非公開で会談した。蒲島氏は会談後、記者団に「(ケネディ大使から)『米国は熊本の友達』というメッセージをもらった。県民に元気を与えられると思う」と述べた。

 ケネディ大使は、今回の地震で、熊本市の国際交流会館が滞在中の外国人らにも避難情報を発信したことに感謝し、同市を訪れた。

このニュースの写真

  • 「生活同様に復興を」ケネディ駐日米大使が熊本城視察 崩落の石垣に神妙な面持ち

関連トピックス

「産経WEST」のランキング