産経WEST

「介護に疲れた」自称韓国籍男、同居女性の首絞め殺害 容疑で逮捕

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「介護に疲れた」自称韓国籍男、同居女性の首絞め殺害 容疑で逮捕

 自宅で同居女性の首を絞めて殺害したとして、大阪府警此花署は29日、殺人の疑いで、大阪市此花区伝法、自称韓国籍の無職、孫晋慶(しんけい)容疑者(69)を逮捕した。

 此花署によると、「介護に疲れた。殺して自分も死のうと思った」と容疑を認めている。同署は、女性が同居の無職、中村芳子さん(74)とみて、介護の実態を調べる。

 逮捕容疑は27日ごろ、集合住宅の一室で中村さんの首を電気コードで絞めて殺害したとしている。

 同署によると、「電柱で首をつろうとしている男がいる」と通行人の男性が110番。駆け付けた署員が孫容疑者の自宅で、ベッドにあおむけの状態で死亡している女性を発見した。

「産経WEST」のランキング