産経WEST

ペリー来航62年前に米と交流、航海日誌見つかる 和歌山・串本町

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


ペリー来航62年前に米と交流、航海日誌見つかる 和歌山・串本町

アメリカのボストンで発見されたグレース号の船員が記した航海日誌(スコット・リドレー氏提供) アメリカのボストンで発見されたグレース号の船員が記した航海日誌(スコット・リドレー氏提供)

 ペリーの黒船来航よりも62年前に、和歌山県串本町に停泊した記録が残る米国商船「グレース号」の乗組員の航海日誌が米国で発見され、28日、同町が発表した。同町によると、グレース号の寄港を乗組員が記した資料が確認されたのは初めてという。

 同町によると、グレース号は寛政3(1791)年、紀伊大島に別の船とともに停泊したことが古文書に残っている。同町は、これが日米の最初の接触だったとして、昭和50年に「日米修交記念館」を開設。今年は225周年として、関係資料を探していた。

 航海日誌はグレース号の乗組員、サミュエル・デラノ氏(1769~1853年)のもの。米ボストン郊外に暮らすデラノ氏の子孫が現地の歴史協会に寄贈していたという。

「産経WEST」のランキング