産経WEST

【経済裏読み】ビビる韓国メーカー、部品供給網の寸断「明日はわが身」 サムスン、LGも熊本地震の余波に身構え

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【経済裏読み】
ビビる韓国メーカー、部品供給網の寸断「明日はわが身」 サムスン、LGも熊本地震の余波に身構え

スマホ市場で大きなシェアを持つサムスン。新製品の売れ行きは堅調だ(AP) スマホ市場で大きなシェアを持つサムスン。新製品の売れ行きは堅調だ(AP)

 熊本県を中心に九州で続発する地震にお隣、韓国が神経をとがらせている。地震でトヨタ自動車グループやソニーの関係部品工場などの操業に支障が出て、それが韓国メーカーの生産に影響を及ぼす恐れがあるからだ。自動車やスマートフォンの中核部品に日本製が使われることは多く、九州から起きた部品供給網(サプライチェーン)の寸断は、韓国でもひとごとでは済まされないようだ。

「トヨタ・ショック」は経済統計を押し下げ

 いまなお、激しい揺れに襲われる熊本、大分両県は、自動車部品や半導体などの工場が多く立地する。精密機械に不可欠な水源が豊富なうえ、工場を建設する広い用地を確保しやすかったからだ。熊本地震が直撃したのは、まさに日本の部品製造業の集積地だったといえる。

 地震により、サプライチェーンが寸断。トヨタ自動車では、ドアやエンジンなどの部品を製造するグループのアイシン精機の子会社(熊本市)が被災。部品を調達していた国内ほとんどの車の組立ラインが一時、停止した。

 「今回の減産の影響は相応に大きい」。SMBC日興証券は4月18日のリポートでこう指摘した。トヨタの減産を5万台程度と仮定。全メーカーの国内生産台数は平成22年以降、4月は平均75万台程度なので、今回の減産はその約7%の規模に相当する。そのデータをもとにした試算では、輸送機械工業の生産を6ポイント程度押し下げ、鉱工業生産全体も1ポイント程度低下させるという。

関連トピックス

「産経WEST」のランキング