産経WEST

【竹島を考える】韓国に洗脳された鳩山氏、日本を貶めないため“19世紀を引きずる”中韓朝露とどう付き合うか 下條正男・拓殖大教授

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【竹島を考える】
韓国に洗脳された鳩山氏、日本を貶めないため“19世紀を引きずる”中韓朝露とどう付き合うか 下條正男・拓殖大教授

昨年8月に訪韓し、抗日の象徴とされる刑務所跡地で膝を屈する鳩山元首相。洗脳は今も続いてる 昨年8月に訪韓し、抗日の象徴とされる刑務所跡地で膝を屈する鳩山元首相。洗脳は今も続いてる

 日本政府の近隣諸国に対する外交姿勢は、戦前と戦後で大きく変わった。戦後の日本は、竹島問題や拉致問題など難問題は先送りして、戦略的な対応を怠ってきたからだ。歴史教科書問題に端を発した「近隣諸国条項」や慰安婦問題に伴う「河野談話」、竹島問題と関係の深い「日韓漁業協定」と尖閣諸島問題がらみの「日台漁業取り決め」などは、そうした姿勢によって生じた負の遺産である。近年、韓国や中国、それに北朝鮮が過去の歴史を口実に無理難題を言い募るのは、それだけ日本外交が、付け入るすきを作ってきたことの裏返しだといえる。

歴史的事実に対し無頓着だった朝鮮半島

 明治政府は、江戸幕府が欧米列強と結んだ不平等条約から逃げることなく、果敢に条約改正に挑み、列強と肩を並べるべく「西洋化」の道を歩んできた。

 それは同時に、ロシアが進める南下政策に抗して、東アジアの安寧を保つための歴史でもあった。現にロシアの南下政策は、清朝にとっても焦眉の急だった。

 ロシアは1860年、清朝と「北京条約」を結んで沿海州を略取すると、「東方を支配する町」としてウラジオストクを建設し、朝鮮半島にも食指を伸ばし始めた。

 この歴史的事実に対して、朝鮮半島だけが無頓着であった。当時の朝鮮は宮中と府中(政府)の区別のない、平安時代の摂関政治さながらの政治体制で、売官売職が常となっていた。そのため、朝鮮の農民たちは地方官の収奪に喘(あえ)ぎ、統治者らも海外の情勢には疎かった。

中国助言「日本と結べ」無視した朝鮮知識人…歴史に学ばぬ韓国「鳩山は…」

このニュースの写真

  • 韓国に洗脳された鳩山氏、日本を貶めないため“19世紀を引きずる”中韓朝露とどう付き合うか 下條正男・拓殖大教授

「産経WEST」のランキング