産経WEST

【熊本地震】避難所でノロウイルス流行の兆し 感染拡大に避難所の分散も 保健師ら懸命の衛生指導

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【熊本地震】
避難所でノロウイルス流行の兆し 感染拡大に避難所の分散も 保健師ら懸命の衛生指導

ノロ患者の発生した南阿蘇中学校の避難所には大阪赤十字病院のテントも設置され、職員が注意喚起を行っている=23日午後、熊本県南阿蘇村(彦野公太朗撮影) ノロ患者の発生した南阿蘇中学校の避難所には大阪赤十字病院のテントも設置され、職員が注意喚起を行っている=23日午後、熊本県南阿蘇村(彦野公太朗撮影)

 家族4人で避難している大学院2年の女性(25)は、嘔(おう)吐(と)を訴えて寝込んでいた男子高校生を目撃したという。「感染が怖いので、予防をしっかりしたい」と話した。

 ノロウイルス感染は他の被災地でも広がっている。熊本市では、市内の7カ所の避難所で1人ずつ患者を確認。また、熊本県によると、多くの家屋が倒壊した益城町(ましきまち)などを担当する御船保健所の管内でも感染者が見つかっている。

 このため県は、トイレからの感染を防止するために適切な掃除の方法をまとめたプリントを作成。また、手洗い時に使う薬剤などもストック分を全て、各避難所に回した。県健康危機管理課の担当者はこう話す。

 「もう、ノロウイルスが蔓(まん)延(えん)している状態だ。不衛生なトイレが拡大の原因となることもあり、各避難所の保健師を通じて衛生指導を徹底する。心労が重なる避難者を、病気で苦しめるわけにはいかない」

関連トピックス

「産経WEST」のランキング