産経WEST

外国人入国者 関空、成田抜いた!…LCC増、爆買い影響?初の最多 2月

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


外国人入国者 関空、成田抜いた!…LCC増、爆買い影響?初の最多 2月

春節の休みで、関西空港に到着した、台湾からの旅行者たち=2月18日午前、関西国際空港(門井聡撮影) 春節の休みで、関西空港に到着した、台湾からの旅行者たち=2月18日午前、関西国際空港(門井聡撮影)

 関西国際空港の月間の外国人入国者数が今年2月の速報値で開港以来、初めて成田空港を抜き、国内最多になった。格安航空会社(LCC)の増便などによるインバウンド(訪日外国人客)の急増が背景にあり、運営する関西エアポートは「好調な流れを一層加速させたい」と意気込む。半面、入国審査場の混雑などの課題もあり、受け入れ体制の強化が急務だ。

 法務省が3月下旬に公表した2月の出入国管理統計(速報値)によると、関空の外国人入国者数は50万2699人で、成田の49万8640人を上回った。羽田空港は25万8788人で、羽田の国際線強化が進んだことにより、首都圏への訪日需要が成田と羽田に分散したことも、関空が最多となった一因とみられる。

 関空は昨年2月(確定値)に比べ16万4882人増加。成田は5万8029人、羽田は8万1169人それぞれ増えた。

 一方、日本人出国者数の今年2月の速報値では、関空は24万9725人にとどまり、成田の53万6851人、羽田の31万6941人に水をあけられている。

 1994年に開港した関空は、巨額の建設費返済のため着陸料を高くした結果、一時は就航便の減少や撤退が続き利用者が伸び悩んだ。毎月の外国人入国者数は長年、成田の約3分の1から半分程度にとどまっていた。

このニュースの写真

  • 外国人入国者 関空、成田抜いた!…LCC増、爆買い影響?初の最多 2月
  • 外国人入国者 関空、成田抜いた!…LCC増、爆買い影響?初の最多 2月

「産経WEST」のランキング