産経WEST

【熊本地震】エコノミー症候群を防ぐ…グンゼ、血行改善ストッキングを提供

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【熊本地震】
エコノミー症候群を防ぐ…グンゼ、血行改善ストッキングを提供

避難のため車中泊をする人々の車=19日夜、熊本県益城町 避難のため車中泊をする人々の車=19日夜、熊本県益城町

 グンゼは21日、血行改善に効果があるストッキング2千足を、熊本地震の被災地に提供したと発表した。エコノミークラス症候群になるのを防ぐため、避難所や車の中で寝泊まりしている人を対象に、医療従事者を通じて配布する。

 九州グンゼ(宮崎県小林市)から、くまもと健康支援研究所(熊本市)に出荷した。「弾性ストッキング」と呼ばれるもので、脚を強く圧迫することで血行を良くし、血の塊(血栓)の発生を防ぐ効果があるという。普段は病院など医療施設に卸している。被災地からの要望があれば追加提供も検討する。

 エコノミークラス症候群は同じ姿勢を続けると発症のリスクが高まる。熊本市消防局によると、今回の地震で車中泊をしていた女性が同症候群で死亡した。

「産経WEST」のランキング