産経WEST

【エンタメよもやま話】毎日、廃棄弁当食べ…コンビニ店長の残酷日記 “貸せ貸せ星人”来襲!?

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【エンタメよもやま話】
毎日、廃棄弁当食べ…コンビニ店長の残酷日記 “貸せ貸せ星人”来襲!?

実在のコンビニのオーナー店長の心の叫びを日記風に綴った「コンビニ店長の残酷日記」(三宮貞雄、小学館新書、740円+税) 実在のコンビニのオーナー店長の心の叫びを日記風に綴った「コンビニ店長の残酷日記」(三宮貞雄、小学館新書、740円+税)

 さて、今週の本コラムは、話題の本のご紹介です。

 小売業大手、セブン&アイ・ホールディングスの鈴木敏文会長兼最高経営責任者(CEO、83歳)が4月7日夕、東京都内で会見し「グループの全役職を退き、引退する」と発表し、大騒ぎとなりました。

 子会社のセブン-イレブン・ジャパンの井阪隆一社長兼最高執行責任者(COO、58歳)を退任させる人事案を主導したものの、この日午前の取締役会で否決されたため、経営の混乱を招いた責任を取り、辞任することを決めたといいます。

 鈴木氏は1963(昭和38)年、総合スーパーのイトーヨーカ堂に入社し、コンビニエンスストア(コンビニ)という新業態を米から日本に初めて導入。これを日本に定着させたカリスマ経営者で知られます。

 鈴木氏がヨーカ堂の子会社として発足させたコンビニが「セブン-イレブン」で、74年に東京都江東区に1号店をオープンさせて以来、24時間、買い物などができるといった便利さから、急速に店舗網を拡大。

 ローソンやファミリーマート、サークルKサンクスといったライバルも続々登場し、2008年には全国のコンビニの年間売上高が初めて全国の百貨店の年間売上高を抜き「コンビニが流通業の王者になった」と大いに話題となりました。

 そんなこんなで、いまや、われわれの日常生活に欠かせない“生活インフラ”となっているコンビニなのですが、そんなコンビニの“裏側”を、とある中核都市の郊外のコンビニ店のオーナー店長が日記形式で赤裸々にさらけ出す1冊が話題を集めています。タイトルはズバリ「コンビニ店長の残酷日記」(著者・三宮貞雄氏、小学館新書、740円+税 http://www.shogakukan.co.jp/books/09825252 )です。

年167億人、誰もが3日に1回は来店…仕入れ先はドンキ!? 本部だけ儲ける“超ブラック”ビズ

 淹れたてのコーヒーから熱々のおでん、日用品、雑誌、文房具に至るまで、膨大な数の商品を24時間扱っているのですから、端から想像するだけで店員さんや店長さんの仕事の大変さは想像に難くないですが、この本を読んで、そのあまりの大変さに度肝を抜かれてしまいました。というわけで今回は、この本の内容をご紹介しながら、コンビニというものについて、いろいろ考えてみたいと思います。

 日本フランチャイズチェーン協会の調べでは、昨年12月末現在でコンビニの店舗数は5万3544店で、前年比2・9%、店舗数にして1510店と大幅な増加を記録したそうです。年間来店者数は167億3089万人。単純計算すれば、日本人が1年のうちに130回は訪れている計算になります。凄い数字ですね。

「商品代を払わぬ客」「利益を加盟店に残さぬコンビニ本部」…

このニュースの写真

  • 毎日、廃棄弁当食べ…コンビニ店長の残酷日記 “貸せ貸せ星人”来襲!?
  • 毎日、廃棄弁当食べ…コンビニ店長の残酷日記 “貸せ貸せ星人”来襲!?
  • 毎日、廃棄弁当食べ…コンビニ店長の残酷日記 “貸せ貸せ星人”来襲!?

「産経WEST」のランキング