産経WEST

【熊本地震】広がる震源域、その意味は 地震600回超、熊本南部も警戒呼びかけ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【熊本地震】
広がる震源域、その意味は 地震600回超、熊本南部も警戒呼びかけ

 今月14日に熊本県益城町(ましきまち)で震度7を記録したマグニチュード(M)6・5の「前震」をきっかけに、16日にはM7・3の「本震」が発生したほか、大分県でもM5・3の地震などが起きるなど、大規模な地震が相次いでいる。特に本震以降、熊本県南部を震源とする地震も相次ぎ、19日夕には同県八代市で震度5強を記録。震度1以上の地震は630回以上を観測し、震源域は徐々に広がっており、専門家は複数の活断層の活発化による誘発が原因とみて、注意を呼びかけている。

 気象庁などによると、14日の前震は、熊本県中央域を北東-南西方向に走る「日奈久(ひなぐ)断層帯」の北側が震源。15日にも同断層帯でM6・4の地震が発生するなど、周辺で続発した。

 16日午前1時25分発生の本震は、日奈久北側の「布田川(ふたがわ)断層帯」が震源で、熊本市などで震度6強を観測。約2時間半後には、阿蘇地方でM5・8、同日午前7時11分ごろには大分県の「別府-万年山(はねやま)断層帯」でもM5・3の地震があった。

このニュースの写真

  • 広がる震源域、その意味は 地震600回超、熊本南部も警戒呼びかけ

「産経WEST」のランキング