産経WEST

【熊本地震】気象庁「過去に例がない。今後の予測は難しい」 震源域内、広範囲で揺れ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【熊本地震】
気象庁「過去に例がない。今後の予測は難しい」 震源域内、広範囲で揺れ

 熊本、大分両県を中心に相次ぐ地震で、気象庁は19日、記者会見し「大きな地震が2回起こり、震源が広域に広がる過去に例がない形で、今後の予測は難しい」と述べた。

 19日午後5時52分には熊本県熊本地方でマグニチュード(M)5・5、震度5強を観測する地震が起きた。「横ずれ断層型」とみられ、震源は地震活動が活発な地域の南端付近だった。同庁は今後も震源域内の広範囲で強い揺れが起きる可能性があるとして警戒を求めた。熊本地方では19日午後8時47分にもM5・0、震度5弱の地震があった。

 気象庁によると、震度7が起きた14日午後9時26分から、19日午後7時までに観測した震度1以上は634回に上った。うち震度7は1回、6強と6弱は各3回、5強は3回、5弱は6回、4は72回。19日は午後7時までに63回を観測した。

このニュースの写真

  • 気象庁「過去に例がない。今後の予測は難しい」 震源域内、広範囲で揺れ
  • 気象庁「過去に例がない。今後の予測は難しい」 震源域内、広範囲で揺れ
  • 気象庁「過去に例がない。今後の予測は難しい」 震源域内、広範囲で揺れ

「産経WEST」のランキング