産経WEST

【熊本地震】車中泊の危険…エコノミークラス症候群を10人発症、うち3人意識不明

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【熊本地震】
車中泊の危険…エコノミークラス症候群を10人発症、うち3人意識不明

軽トラックの荷台でくつろぐ森本マサコさん 軽トラックの荷台でくつろぐ森本マサコさん

 一連の地震で車中泊を余儀なくされた10人がエコノミークラス症候群を発症し、うち3人が意識不明の重体となっていることがわかった。車中による避難生活が長期化すればさらに健康面への影響が大きくなることが懸念され、対策が急がれる。

 自宅が全壊したという、熊本県益城町杉堂の森本晃弘さん(52)も車5台で家族計12人が生活する。ただ、森本さんの両親は80歳と77歳と高齢で、車内で寝るのは体力的に厳しい。

 そのため軽トラックの荷台に布団や毛布を敷き、ベッドを作った。森本さんは「余震で眠れない日が続いた。安心して疲れを癒やせる場所がほしい」と話す。

 約千人が避難生活を送る「益城町総合体育館」では、今回の地震でけが人は出なかったものの、メーンアリーナの天井が崩落した。

 体育館近くの駐車場に車を止めて生活する、村上佐江子さん(46)は「車のほうが精神的に楽」というが、家族の体調を心配する。「特に高齢者は車に閉じこもってしまいがちになる。あえて配給品を取ってくるように頼んだりして運動してもらってます」と気遣う。

 同町福原の河添文彦さん(43)の自宅は、14日夜の震度7の地震では天井が少し壊れた程度で、15日夜には避難所から自宅に戻った。そこで再び16日未明の震度6強の地震に襲われた。幸い家族にけがはなかったが、14日は無事だった近所の家は全壊し、「建物内では安心できなくなった」。現在は親戚ら計5人が車3台で寝泊まりする。

 一家10人で避難する女性(49)も、車での避難生活を選んだ。大家族では避難所内で1カ所に集まれるような大きなスペースの確保は難しいという。

 トイプードル4匹を飼っている安田日出子さん(72)は、1台のワゴン車で孫2人と娘とともに生活している。「避難所に入りたいとは思うが、犬がこれだけいると周りに迷惑がかかってしまう」と話す。

関連トピックス

「産経WEST」のランキング