産経WEST

だんじりと街灯に挟まれ男性死亡 大阪・岸和田

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


だんじりと街灯に挟まれ男性死亡 大阪・岸和田

 17日午前7時35分ごろ、大阪府岸和田市大町の市道交差点付近で、地元のだんじり祭りに参加していた同市箕土路町の会社員、高田健三さん(39)が、だんじりと道路脇の街灯の間に挟まれた。高田さんは頭を強く打ち、搬送先の病院で死亡が確認された。

 大阪府警岸和田署によると、高田さんはだんじりの前方で向きを操作する先導役をしていた。事故は交差点を左折した直後に起こっており、同署はだんじりがカーブをうまく回りきれずに外側にふくらんだ可能性があるとみて詳しい事故原因を調べている。

 この日は、地元のため池「久米田池」が昨年、歴史的価値のある農業用水利施設を登録する「世界かんがい施設遺産」に選ばれたことを祝い、だんじりが行われていた。

「産経WEST」のランキング